Sentro 翻訳・ローカリゼーションサービス

2012年2月15日

Sentro翻訳・ローカリゼーションサービスは、ヒューマンリソースサミット 2012の翻訳スポンサーを務めました。

Sentro 翻訳・ローカリゼーションサービスは、 Lütfi Kırdar会議・展示ホールで2月15・16日に開催されたヒューマンリソースサミット 2012において、翻訳スポンサーを務めました。詳細はこちらをご覧ください:www.insankaynaklarizirvesi.com 「変革の時代!会社再生と成長にいかに備えるか?」

2011年12月22日

Sentro翻訳・ローカリゼーションサービスは、顧客時代のマーケティングサミット 2011

Sentro翻訳・ローカリゼーションサービスは、顧客時代のマーケティングサミット 2011で、翻訳スポンサーを務めました。Sentro 翻訳・ローカリゼーションサービスは、 Lütfi Kırdar会議・展示ホールで12月7・8日に開催された顧客時代のマーケティングサミットで、翻訳スポンサーを務めました。詳細はこちらをご覧ください: www.pazarlamazirvesi.com 会議は議長であるPeter Economides氏のスローガン「愛はマーケティングの二乗」で開始されました。

2011年12月17日

翻訳者Kenan Aydınが欧州連合・若い翻訳者のための翻訳コンテスト 2011で2位を受賞しました。

欧州連合(EU)加盟へ向けて、トルコではアキ・コミュノテールの翻訳とこの法体系への協調が進んでいます。これを踏まえ、翻訳の調整部門(CTD)が欧州連合機関に設置されました。CTDはアキ・コミュノテールをトルコ語に翻訳する作業を調整する他、主要公共団体や機関の協力の下、言語的、技術・法律分野の翻訳を検討しています。またEU関連用語のデータベースも作成しています。

トルコがEU加盟国になった場合は、トルコ語がEU公用語の1つに加えられることになります。多言語主義はEUの根本原理であり、EUでは現在23の公用語があります。したがって、世界最大の翻訳センターの1つであるこのCTDは、1750人の翻訳者を抱え、欧州委員会下で運営されています。このコンテストは2011年12月17日にインスタンブールで開催されました。このコンテストには24大学34学部から大学生が参加しました。参加学生は大学により決定されました。このコンテストに参加した93人の学生は、55人が英語、19人がフランス語、残りの19人がドイツ語を選択しました。コンテストではEUに関する文をトルコ語に翻訳しました。この原文はEUのビジネス言語である英語・フランス語・ドイツ語で準備されたものです。

EU翻訳コンテストの評価委員会はEU官庁に属し、コンテストの評価をします。評価基準には、原文/翻訳言語能力と正確なEU関連用語の使用、文法規則の遵守が含まれます。